超難関な肌ケアでもホットクレンジングならお手軽

一日の終わり、顔の汚れをきちんと落とさなければいけないのは、誰もが知っている事実ですよね。
メイクしたまま寝てしまった経験がある人なら分かると思いますが、翌日の肌の状態ったら悲惨なものがあります。
しかも翌日だけならまだしも、そこから始まった肌トラブルがなかなか治まってくれないなんてことはよくある話です。
そう、汚れが顔に残っていても良い事なんか一つも無いんです。百害あって一利なしです。

 

でも、やりすぎると良くないというのは意外と忘れがちな事だったりするんですよね。
というのも、そもそも顔についた汚れは目に見えない物だからです。
メイクを落とすというのは、ファンデーションやマスカラや口紅などは色を見れば分かる物なので、落ちたかどうかの判断は簡単だと思います。
でもホットクレンジングというのは、メイクを落とすという事だけではありません。
ホコリや排気ガスや花粉などが、顔の油分と混じってとんでもない汚れのかたまりになっているんですが、これはメイクを落としたと同時に消えるものではありません。
メイクは目に見える物ですが、メイクに混じった本当の汚れは目に見えないので本当にやっかいです。
では、その汚れのかたまりを落とすにはどうすればいいのか。
ここでたいていの人は間違ってしまいます。
しっかりとクレンジングする=強く洗う、強い洗顔料を使うことではないんです。
その一日のことだけで言えば、しっかりと落ちているのかもしれませんが、強く洗ったり強い洗顔料を使った後の肌はめちゃくちゃに傷ついてしまいます。
人間の肌は本当に敏感なので、簡単に傷ついてしまう上に簡単には戻りません。
そして傷ついてしまった肌は、ひどい乾燥肌になって赤みや痒みが出たり、ニキビや吹き出物ができたりと、さんざんな道を辿ります。
さらに、そんな傷ついた肌に新たに入り込んだ汚れは落とすのも困難になり、汚れが残った肌はまた次のトラブルを起こします。
このように、ホットクレンジングというのは毎日あたりまえにやっている基本的な事でありながら、細心の注意を払わなければいけない超難関な肌ケアなんですね。

最終更新日: